英国在住。海外生活の光と影(笑)。めざせシンプル&スローライフ。自家製酵母パン。
by vida_lenta
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


昨夜の頭痛

d0340437_22053931.jpg

昨日まで、そんなわけで2日続けて朝の頭痛。今朝はないといいなと思っていたけど、昨夜、急に左側の歯(と歯茎?)と共に頭の左側がすごく痛くなって眠れず。我慢してた薬を飲んで、アイスパックをあてて寝たら、朝にはなんとか収まっていた。やれやれ。ほんとに、身の危険を感じてしまった。このままだったらどうなるだろうかとか。。
--
昨日、David Willcocks(キングスカレッジのMusic Director)が亡くなった(95歳!)ということで、姉が亡くなってから封印してた、彼が指揮してるフォーレのレクイエムを聴いていた。ただでさえいろいろ思い入れのある曲なのに、姉の死後は余計にとても聴けなくなっていた。久々に聴いたら、やっぱりいろんなことを思い出してしまって、涙が出てきた。辛いときに私を救ってくれた大事な曲。けど考えていたのは姉のこと。自分の体調が悪いこともあって、死について考えてしまう。このまま朝が来ても目が覚めなかったら、とかも考える。姉が亡くなるとき、どういう気持ちだったのか、数日前から意識がなかったみたいだから、楽だったのかとも思うけど、どんな気持ちだったのか。思い残すことはなかったのか。最後は、ずっと離れていた息子といられて、幸せだったのか。親や私のことは考えてなかったのか、とか。数日前、姉の病気を知っていた唯一の姉のお友達が母にくれたメールのやりとりやお見舞いで交わした言葉などのコピーを見てて、何ともやりきれない気持ちになっていたばかり。壮絶な痛みと苦しみと闘っていた姉。私が死ぬときは、何を思うんだろうか。そんなことを思う間もなく、突然死んでしまうんだろうか、とか。でも、少し前まで生きていたんだよ。ほんとに、生と死は隣り合わせだと思う。一瞬で消えてしまう。あんなに一緒にいたのに、もういないなんて。いつまでも考えても仕方がないけど。あの子供みたいなしゃべり方とか、子供みたいな行動とか(^-^;)、たくさん思い出す。

姉がなくなってから、いろんなことがどうでもよくなったというか(SNSもそうだけど)、どうせいつかは死ぬんだから、というか、刹那的というか。例えば、欲しいものがあっても、手に入れたところで、どうせ死ぬんだから、など。投げやりとも言えるかもしれないけど、いつかはいなくなるのなら、せめて今を楽しもうという気持ちもある。やりたくてやらないよりは、やってしまった方がいい、とも思う気持ちもある。まあ、気が落ちているのは確かである。やっぱり、前みたいな元気はない。人の死より重いものなんて、今の私にはない。だから音楽も聴けない。というか聴こうという気が起こらない。
--
昨日から仕事が増えて大変。おとといから、新しいエージェントの大きな仕事もやってるし、次から次へと大きな仕事が入っていて、こういう時期も珍しい(というか今までひどく暇だったのに)。本当に波がある。でも8月みたいに休んだらお金もらえない。常に働いていないといけない。でも体調もこんなだし。。ということで、でも立ち止まるといろいろ考えてしまうので、仕事がたくさんもらえるのは、大変だけど、やっぱりありがたい。でもやっぱり健康でいないと、仕事もできないんだよな。わかってるけど、という、悪循環。普通にしてるだけなんだけど、頭痛持ちは本当に辛い。
[PR]
by vida_lenta | 2015-09-18 21:07 | 独り言
<< またまた 頭痛 >>